読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずっとLOVE組ってこんな子です~石澤晴太郎の巻~




※今回の内容は2016年3月発売のJohnny's Jr.カレンダー2016.04.01-2017.03.31付録Johnny's Jr. DATA BOOK及び七色の誕生日占い【http://365x7.net】を参考にしています。



こんにちはー!

『ずっとLOVE組』ってこんな子です!をテーマに、福福いおとわせいの5人を順番に紹介します!

と言っても、自分が5人の最新データを覚えるために記録しておきたかっただけの自己満足です()

データブックの内容は公式のものなので信用してもらっても大丈夫ですが、後半は占い(当たると最近流行ってるやつ)などを元にしているだけなので、あくまでも参考程度に…!



-『ずっとLOVE組』とは?


福井宏志朗くん、福本大晴くん、吉野伊織くん、毛利柊和くん、石澤晴太郎くんの5人。

2015年夏、大阪松竹座にて行われた『少年たち』でのショータイムの際に、5人がA.B.C-Zの『ずっとLOVE』を歌ったことから5人の括りを『ずっとLOVE組』と呼ぶ人が増えました。


この記事でも5人を一括りで呼ぶ時は『ずっとLOVE組』と表記するので、そうやって呼んでない!、『福福いおとわせい』派です!、の皆様ご了承ください……。


と、ここまでは前回までと同じ。
(前回からかなり日数が空いてしまいすみません)

第5回の今回がラスト!
石澤晴太郎くんです!

(心の声:キャーーー遂に自担!)


石澤晴太郎(15) 高校1年生

ニックネーム:はれたろー、せいちゃん、ざわ


ご両親から「たろっちゃん」って呼ばれてる!という可愛いニックネームのお話も過去にはありました♡♡


f:id:t831_s1004:20160509150128j:image

f:id:t831_s1004:20160523185930j:image


2000年10月4日生まれ \天使の日/
てんびん座 A型 大阪府出身
165cm 50kg 靴25.5cm


【ペット】猫ののぞみ

【長所】なんだかんだでやさしい
【短所】人の話をきいていないときがある
【チャームポイント】まつげ
「おばあちゃんとお母さんも長いんよ」

【趣味】映画鑑賞
「週に1本は必ず見る!洋画のアクションものが大好き」(気に入ったものを何回も見るのが好きらしい)
【特技】ダンス、サッカー
【マイブーム】
柔軟、湯船の中で冷凍みかんを食べる
「お風呂+冷凍みかんの組み合わせは最強!長風呂もできるから試してみてほしい」


【入所日】2012年7月14日
【応募したきっかけ】 
お母さんが知らないうちに履歴書を送っていた
【初ステージ】
『Johnny's Dome Theatre〜SUMMARY2012〜 Sexy Zone』の『SUMMARY』
「顔がひきつってるのが自分でもわかるくらい笑えなかった苦い思い出がある」

【憧れの先輩】桐山照史くん、林真鳥くん
「照史くんのリーダーシップはほんまに見習いたいし、真鳥くんはダンスの目標!」
【仲のいいJr.】
吉野伊織、毛利柊和、福井宏志朗、福本大晴
「ほんま飽きるほどいっしょに遊んでる。遊園地とか行ったりもするよ」
【ライバルのJr.】吉野伊織、毛利柊和

【思い出のジャニーズソング】キミのため ボクがいる/Sexy Zone
【カラオケの十八番】愛、テキサス/山下智久
「自分は声が低いけど、この曲やったら裏声とか使わなくても歌いやすいねん」

【Jr.に入って、嬉しかったこと】舞台に立てたこと
「ファンの人がボクのことを見ててくれることが、ワクワクして気持ちいいから」
【これだけは負けない!】笑顔
「いちばん元気に笑ってる自信ある」

【スポーツ歴と得意なスポーツ】
サッカー(小1~5)、バスケットボール(中1)
「サッカーはクラブチームに入っていて、ポジションはトップ下でエースでキャプテン。すごくない!?」

【好きな言葉】笑う門には福来たる
【好きな色】オレンジ
「気がついたらオレンジ色のものばっかり買ってたり、やわらかい印象が好き」
【宝物】家族、友だち

【初恋はいつ?】6才
【あこがれのデートプラン】遊園地
「おばけ屋敷はマストでいきたい!多分自分も怖がるやろうけど(笑)」
【好きな女のコのタイプ】明るくておもしろいコ
「あとは目がクリクリとしてるコがタイプ」

【将来の夢】歌って踊れる医者!(笑)
「アイドルドクターって、よくない!?」

【2017年3月までの目標】ダンスのトリプルターン
「2回転は完ペキやのに、3回転になると成功率は10回に1回やから」

【MESSAGE】
石澤晴太郎です!
ぼくの笑顔、覚えて下さい!!


10月4日生まれの晴太郎くん。
誕生日カラーは『青』

10月4日生まれの人は

『勤勉家でクリエイティブな才能の持ち主』

時代の先端を行く独創的なセンスと、それを形にするための努力を惜しまない勤勉さを持ち合わせ、自分の才能を生かした活動を楽しめるタイプです。
流行に敏感で、常に四方にアンテナを張り巡らせては、捉えたイメージや湧き出るアイデアを、自分のインスピレーションへとつなげています。
また、自分にとって楽しいことと、人を楽しませることがうまくかみ合っているため、人の輪の中心となって活動することも多いでしょう。
恋愛面では、憧れを感じている人は大勢いるはず。しかし、高嶺の花として遠巻きに見られることが多く、実際にアプローチしてくる人は少なめです。
また、発想やセンスの独創性から、派手な性格だと思われがちですが、人間関係に対しても真面目な考えを持っています。そのため、気楽な付き合いを求めることはなく、互いの感性がピッタリと会う相手を地道に探す傾向にあるようです。


5人の中で唯一1人っ子の晴太郎くん。
その特徴は、

A型1人っ子男子の特徴
  • とことんマイペースで自分の世界観がある
  • 平和主義で協調性がある
  • とても真面目でストレスを溜めやすい
  • 悩みは全て自己完結しようとする
  • 一度決めたことはなかなか曲げない

A型1人っ子男子の恋愛的特徴
  • じっくり考えて行動するタイプのため恋愛に発展するまでに時間がかかる
  • 一度恋愛を始めると一途で愛情深い


誕生日から見た晴太郎くんは、生まれながらにクリエティブな才能を持っているようです。そして同時に勤勉家の一面も。(頭が良いのもセンスがあるのも納得ですね)

雑誌のトークや番組での発言からも、数多く、ダンスやアクロバットといった、自分のパフォーマンスに対する晴太郎くんの努力家(勤勉家)な一面が窺えます。

照史「何をしている時が一番楽しいですか?」晴太郎「ダンスです!」重岡「わ〜ジャニーズに入るべくして生まれた子やね!」照史「最後に一言!」晴太郎「ダンスいっぱい見てください!」(少クラin大阪2012 関ジュニ通信)
[自己アピールを!]もっとダンスを踊れるようになって、いつかマイクを持って歌えるように頑張りたい!(POTATO 2014年4月号)
今、練習中のロンバク(ロンダートからのバック転)をステージで見せたいです!(Myojo データカード 2014年10月号)
1曲、みんなで激しいダンスをする予定やんな。あの曲はみんなでそろえないと、間違えたら目立つもんな(POTATO 2015年5月号)
みんな身長が大きくなったから、チビッコのしゃかりきダンスとは違ってキレイに見せないとね(POTATO 2015年5月号)
僕らの大人になったダンスを見てください!(POTATO 2015年5月号)
優馬くんみたいにダンスとかめっちゃ上手くなりたいんですけど、何か秘けつとか努力してることがあれば教えてください(まいど!ジャーニー 2015年4月10日放送)
エスカレーター。受験なくても勉強頑張らなアカンし、時間をうまく使ってダンスも習いたいと思ってるねん(POTATO 2015年6月号)
ダンスがうまくなってるって手紙もらって、もっと頑張ろうって思えた(POTATO 2015年6月号)
長尾「キレイといえば、石澤くんのダンスがすごいキレイです。リハ中とか見ててうまいな〜と思ってます」伊織「ターンがいいよね」恭平「体も柔らかいし」石澤「いやまだまだやで。先輩のダンス見てたら、もっと頑張らないとっていつも思ってるもん」(POTATO 2016年2月号)
WESTさんは見習うところがいっぱいやしな。松竹座で『台風n Dreamer』やったとき舞台袖からずーっと演技見てた(POTATO 2016年2月号)
自分のことをスターと思わなアカンのやろな。自信とか。オレらもそうなれるように頑張らないと!(POTATO 2016年2月号)
年上組の公演(2015年クリパ)を見に行ったけど、ホンマにすごくて。構成がよくて思う、お客さんの楽しませ方もうまかったね(POTATO 2016年3月号)
春の松竹座はダンスをレベルアップしたい!(POTATO 2016年4月号)
今、注目しているものは真鳥くんに教えてもらったダンスチームですね!動画を見せてもらって感動ですよ、スゴすぎて!構成もアクロバットもダンスも、全部のスキルが高すぎ。それからは、自分でも映像とか詳しく調べてマネしたりしてます。(Wink up 2016年4月号)
ボクらは全員がアクロバットできるわけじゃないんで、技はマネできないけど、構成を取り入れることはやってみたいねんな。構成はがんばって練習したらできると思うから(Wink up 2016年4月号)
側宙ができるようになった。前からできそうな雰囲気は感じ取ってて、1回アクロバット教室で教わったのを学校の体育の時間にやってみたらできた。だんだん完成度が上がってます!(POTATO 2016年5月号)
春の松竹座公演ではじめてアクロバットを披露できた。1年前から練習してたけど、舞台上はマットもなくて怖かった。でも、シンメの柊和と向かい合って安心できた(POTATO 2016年6月号)


決して才能だけに頼らず、謙虚に努力することを怠らない晴太郎くん。その姿勢も、ダンスが好きなところも、入所当時からずっと変わっていません。



公演の度にダンスのスキルに磨きがかかり、見せ方や表情の成長も顕著です。

またその度に『ダンスが上手い』『1度視界に入れてしまうと目が離せない!』といった声が挙がりますし、ダンスが上手いJr.ランキングでもランクインするなど、その位置を確実なものとしています。


それは全て努力故の結果なんですね(かっこいい)





晴太郎くんのダンスは人の目を引きつけます。




バラードなどゆったりした曲調では、しなやかで丁寧な指先までこだわった繊細な動き。でも決して流したりせず、きちんと強弱もあり、曲の歌詞に想いが乗せられているような、まさに歌っているようなダンスだといつも思わされます。


そして激しめなダンスナンバーでも、もちろんそのスキルを遺憾無く発揮。中性的なしなやかさを見せるバラード曲から一変、男らしく力強い動きで、決して手を抜くことも無くガツガツと踊り、かと言って疲れも感じられません(キツそうに見えない)。


そんな、年上のお兄ちゃんたちにも引けを取らない圧巻のダンスに、狩られることは間違いありません。


また可愛く、盛り上がる曲でも、もちろんまた違った一面を見せてくれる晴太郎くん。

笑顔で元気いっぱいシャカリキに。
誰よりも高く高くジャンプ!!
誰よりも腰は低く!!(手だって床についちゃうよ!)
誰よりも高くハイキック!!
誰よりも激しくヘドバン!!
エアギターだってエアバイクだって繰り出しちゃう!!


もぉ〜ただの天使だから〜!!!(泣)

急に可愛さしかなくなるから!!(泣)





伝える側に語彙力が無さ過ぎて心苦しいですが、
ここはもう、

見てください!!(笑)


百聞は一見に如かずですから!!!



\晴太郎くんのダンスにご注目ください!/



でも1度視界に入れてしまうと目が離せないのでくれぐれもお気をつけください♡(笑)



自分のダンスが褒められても、『まだまだだよ』と口にする晴太郎くん。

晴太郎くんのパフォーマンスに対する強い求道心が、もっともっと晴太郎くん自身を高みに連れて行ってくれると、期待に胸が膨らみます。


ちなみに、他4人の晴太郎の好きなところについて(POTATO2016年5月号)

宏志朗:ダンスがうまいところ。大晴:振り覚えがいい。伊織:記憶力がいい
と仲間内からも定評があるようです。嬉しいですね。



良いところはダンスだけじゃない(!?)
伊織:元気がいい。柊和:何かと気にかけてくれる。
伊織「松竹座で、お弁当3人分、僕らの分まで持ってきてくれたり」晴太郎『「取ってこい」って言うから、持ってきただけやんか』宏志朗「パシリをイヤがらない(笑)」
パシられる晴ちゃん……。

本人もなんだかんだ優しいところが長所だと言っていますが、本当に(なんだかんだ)優しい子なんだろうなあと思います。





そして魅力はダンスだけじゃない…!





彼は

\新世代ギャガー!!!/


大晴と肩を並べるほど(?)のギャガーのなのです。


f:id:t831_s1004:20160524061338j:image

f:id:t831_s1004:20160524061345j:image
※まいど!ジャーニー 2014年5月25日放送

テレビ初披露の一発ギャグ

は、は、は、はっくちょー!!!




まだまだあるよ!(厳選)



タマゴはエッグ、えっっぐいほど美味しいよ!!

(2014年春松竹より。これはギャグではないけど、ただただ筆者が好きなので載せました♡)




僕たけのこ。ペリペリペリ、ペリペリペリ……ペ〜リ……いやん(イケボ)

(きのこたけのこ戦争から生まれたギャグの1つ。コンサート中でも密かに、いやんポーズはやってます。低過ぎる声がたまりません\ココ重要/)




あ!こんなところにたけのこが!よーし、この斧で切るぞ〜!ブシュ、オ〜ノォ⤴

(最強。後世に語り継ぎたい伝説のギャグ。同じくきのこたけのこ戦争から。オ〜ノォ⤴ポーズがシュールすぎてツボにハマります。西畑先生のお墨付きです)




\漫才だって出来ちゃう/


f:id:t831_s1004:20160524112526j:image

f:id:t831_s1004:20160524112544j:image
※まいど!ジャーニー 2016年5月22日放送



2015年クリパのコント(きのこたけのこ戦争)、2016年春松竹での漫才(下剋上漫才コーナー)などを経て、先日はまいジャニの特技コーナーでも(しっかりぴったり30秒!)。
もうすっかりお馴染みになりました。


晴太郎くんは基本ボケ。あの大晴くんをツッコミに回してしまうほどのボケのセンスの持ち主です。

クリパのきのこたけのこ戦争では、千秋楽にそれまでのギャグを全部盛り込んだり、

春松竹の下剋上漫才コーナーでは他のJr.が袖に捌けたあとでも、1人舞台上に残って龍太くんに絡みに行く(とにかくボケたい)など、

滑ろうがなんだろうがお構い無し。とにかくボケ倒すのが晴太郎くん流!なのです!
(ツッコミの方々本当にご苦労様です…笑 特に龍太くん、お疲れ様です。笑)


おかげで松竹座でも、大きな会場でも、すぐ見つけやすいのが晴太郎くんの特徴です。変な動きの子がいたら、その子、大体、石澤晴太郎ですよ。



一発ギャグや漫才など、ぐいぐい前に出ようとする姿勢や、メインだろうがバックだろうが良い意味で自分を目立たせる姿勢は、確実に爪跡を残し、次に繋がっています。しかしただ目立つだけではなく、もちろんスキルもあります。


それは晴太郎くん自身が、自分の才能(得意なこと)や好きなこと(やりたいこと)をJrの活動に活かし、ステップアップするため、努力したからこそだと思います。


私たちファンの知らない、見えないところで、多くの努力や葛藤、失敗を重ね、時には喜んだり悲しんだり、いろんな思いを抱えながらステージに立っていても、

私たちには一切感じさせず、いつも最初から最後までずっと笑顔で、一生懸命で、自分の立っている、今、この空間を全力で楽しんでいて、晴太郎くんを見ているだけで暖かく幸せな気持ちになれます(心臓バックバクだけど)。


Jr.に入って良かったことは、
ステージに立てたこと。

『ファンの人がボクのことを見ててくれることが、ワクワクして気持ちいいから』



そう語る晴太郎くんのパフォーマンスからも




『ボクを見て、ワクワクさせてあげるから!』



こう感じませんか?





まだまだ上を目指して、決して努力を怠らない晴太郎くんの成長を、今後も見守っていきたいです。


たくさん活躍できますように。

ワクワクさせてね!晴太郎!



以上!『ずっとLOVE組』ってこんな子です!

第5回(ラスト!)は石澤晴太郎くんでした。



ところで、
晴太郎くんの誕生日カラーは『青』

青の人は
基本的に冷静な判断力を持っていて、全体像を把握してから行動に移す慎重さを持っています。恋愛でも仕事でも人付き合いでもその傾向は顕著なので、相手からすればなかなか心を開いてくれない、本心を聞かせてもらえないといったもどかしさも感じてしまうようです。

宏志朗くんの誕生日カラーも『青』です。宏志朗くんの回では書きませんでしたが、実は『青』の人には更にこのような特徴があります。

誕生日カラーが青の人は、激情と冷静、熱血と沈着といった、イケイケなタイプの誕生日カラーの人とのコンビが非常によくマッチしています。

5人の中で、『激情』や『熱血』といった言葉の合うイケイケなタイプの誕生日カラーなのが大晴くん(赤)と柊和くん(黄)。

『福(青)福(赤)』『はれ(青)とわ(黄)』とお互い信頼しあったシンメ的関係になるのは必然なところあるようです。


そして伊織くん(紫)。

紫の人は人を寄せつけ、周りの人を率いていく力があります。実際に5人の中でも(特にはれとわは強火吉野担)伊織くんはかわいい癒しの存在。

伊織くんの記事でも書いたように、大らかでどんな場にも溶け込め、更に『周りを良く見てる』『1人だと寄ってきてくれる』伊織くんは、4人を調和してくれる必要不可欠な存在なのだと思います。

しかし、ただまとめるだけではありません。

誕生日カラーが紫色の人の周囲には、足りないところを補ってくれる人材が自然と集まってきます。

とあるように伊織くんにとっても4人は必要な存在。ずっとLOVE組の5人はすごくバランスの良い5人なのですね。


偶然というか必然というか……(めそめそ)




宏志朗くんから始まり『ずっとLOVE組』ってこんな子です!と5人についてのブログを書きましたがいかがでしたでしょうか…。

出来るだけ客観的に書きたかったのですが、結局書きたいことをツラツラと(ほぼ感情論で)書くだけのものになってしまいました(特に今回の晴太郎くんについてはもう酷い…)


が!!
私自身が改めて5人の魅力を再確認、再発見できたのでオールオッケーです◎(自己満)



今、この記事を読んでくださってる方も5人全員分を読んでくださった方も本当にありがとうございました♡




おしまい!