読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉岡廉くんに言わせたい台詞

 

 

まず初めに、この記事は、癖がだだ漏れしてるだけであり、イチおたくの気持ち悪い妄想がひたすら書かれているだけの、極めて私にしか需要のない内容であることをお伝えしておきます。

 

 

 

 

では本題。

吉岡廉くんに言わせたい台詞

 

 

 

 

第3位

『ん?』

 

シンプル イズ ザ ベスト代表『ん?』!!!!!!!!!!!!

 

目が合って『ん?』

振り返って『ん?』

聞き取れなかったから屈んで耳を近づけて『ん?』

意味が分からなくて『ん?』

これ?って意味で『ん?』

俺?って意味で『ん?』

 

 

とにかくなんでもいいから『ん?』って言ってほしい!!!!!!!!!!

 

『ん?』って言った廉くんに、相手が無言で頷くまでがセットです。

 

 

 

第2位

『かわいいよな〜』

 

 

か  わ  い  い  よ  な  〜  !  !  !  !  !

 

 

『あの子かわいいよな〜』

『〇〇のそういうとこかわいいよな〜』

『〇〇の笑ってる顔かわいいよな〜』

『怜爾の寝顔かわいいよな〜』

『新幹線に初めて乗ってテンション上がってる晴太郎かわいいよな〜』

 

 

 

計算なのか建前なのか本音なのか分からないけど優しく微笑みながらナチュラルに自然に(意味一緒)さらっと爽やかに言ってほしいっす!!!!!!!!!!!!!!

 

 

廉くんの口から出る『かわいい』って本当に可愛くできてしまう呪文みたいじゃない?!(何言ってんだろ)

 

 

 

 

 

 

 

第1位

『好きな子は誰にも譲りたくないしな』

 

Q:親友と同じ人を好きになりました。どうする?

 

廉:正々堂々といく!結果がどうであれ、相手が親友なんやったらそれが原因で仲悪くなるとかないと思う!それに、好きな子は誰にも譲りたくないしな!

 

 

知らんけど〜〜!実際のところ知らんけど〜〜!優しい子だからもしかしたら違うかもしれないけど〜!言わせたい!!!!!!!!!!!!

 

自分は負けず嫌いじゃないって、陸上部のインタビューで言ってたけど!!!!でも、でもでもでもでもでも!!!!!そんな廉くんでも!!!好きな子の事になると負けず嫌いで居てほしいんですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

はい、以上です!

 

 

 

ちなみに、『言われたい』じゃなくて『言わせたい』ですから…!(これ重要)ドラマとか舞台とか!ね?そんな決して言われたいなんて、ねぇ?滅相もない!

 

ああ、もう解散っ!!!!!(逃走)

石澤晴太郎くんお仕事まとめ2016

 

※全て把握するには脳に限界がありましたので参考程度でお願いします。もし抜けや誤報がありましたらご指摘ください。

 

◎コンサート

ラキセ城ホ 9公演

タキツバ城ホ 2公演

春松竹 16公演

セクゾ城ホ 5公演

キスマイ京セラ 3公演

ANOTHER 34公演

えびSLT城ホ 3公演

JOHNNYS' future WORLD梅芸 26公演

松竹クリパ 35公演

24から京セラ 2公演

全135公演

 

◎アイドル誌

POTATO 2月〜9月号、11月〜1月号 ※7月号はまいジャニオフショットのみ

Wink up 2月~4月号、6月号、8月号、12月〜1月号 ※2月号はゲネ、6月号は春松竹レポのみ

duet 6月号 ※春松竹レポのみ

全15部

 

◎その他雑誌(細かい映り込みも含む)

月刊TVfan 3月号、6月号、10月号、12月号、1月号、新春特大号

TVfan CROSS vol.17、vol.18

MYOJO LIVE 2016春コン号

月刊songs 5月号、9月号、1月号

QLAP 5月号、9月号、12月号

週刊TVガイド 11/18号、12/9号

月刊TVガイド 6月号、10月号、1月号、新春特大号

月刊TVnavi 7月号、8月号、10月号、新春特大号

ザ・テレビジョン 11/25号

女性自身 8月23日・30日合併号

STORY 2月号

全28部

 

◎まいど!ジャーニィ~

#179&180 ショータイム出演(さくらガール、サクラ咲け)

#181 トーク登場・大晴と漫才披露、ショータイム出演(ラブギル、コワレソウ) ☆キャッチコピーは”新世代ギャガー”

#182 ショータイム出演(ラブギル、コワレソウ)

#183 トーク祭出演、ショータイム出演(蒼い季節、NOT FINALE)

#184 トーク祭出演、ショータイム出演(蒼い季節、NOT FINALE)☆キャッチコピーは”おとぼけ新世代”

#185&186 ショータイム出演(LET IT GO)

#190&191 ショータイム出演(愛を叫べ、ホルモン)

#192 次回予告に登場

#193 ピン芸グランプリ登場 ☆キャッチコピーは”シュールレアリズムを追求する関西Jrの異端児”☆

#205&206 ショータイム出演(Lucky man)

#207&208 ショータイム出演(NOT ENOUGH)

#209 まいジャニ大賞2016トーク出演

ショータイム出演数 14回

トーク登場数 5回

 

◎その他テレビ関連(細かい映り込みも含む)

ピーチケパーチケ 3/3放送

ニュースワンダー 4/5放送

少クラin大阪 8/31、9/7放送

炎の体育会TV 12/3放送 ☆初の全国ネット出演☆

 

◎映画出演

関西ジャニーズJr.の目指せ! ドリームステージ(Dream catcher登場)

 

◎その他

ジャニーズJr.カレンダー DATA BOOK

ANOTHER関連記事 デイリー、日刊

ジャニフワ関連記事 中日新聞、産経夕刊

 産経新聞夕刊 12/24発行(オフショット映り込み)

 

 

高校生になって制約が減り、仕事の幅や出来ることが増え、学校とお仕事を両立しながらたくさんの笑顔と元気を届けてくれました。

 

無くなった8時の壁、各所での漫才披露、一発ギャグ披露、夏の松竹座で初めて貰えた台詞、振付師への選抜、初の全国ネット出演、1ヶ月間オープニングを楽しませてくれた関ジュサンタへの抜擢、ファッション誌への登場。

 

この1年で新しいお仕事、新しい経験がたくさん出来ました。新たな一面を見せてくれました。ダンスのレベルも格段と上がりました。たくさんたくさん楽しませてくれました。ありがとう。

 

2017年も晴太郎くんがたくさん活躍できる場を与えてもらえますように。もっとたくさんの方に晴太郎くんを知ってもらえますように。楽しくて、大きく躍進できる素敵な1年となりますように。

 

石澤晴太郎くん、1年間お疲れ様でした。

2017年もよろしくお願いします。

 

2016.12.31

 

#じゃにおたバトン

 

【名前】

けい

 

【今の担当は?(複数可)】
名前:桐山照史
好きなところ:顔。声。歌声。笑顔がとんでもなく可愛いところ。なのに言葉に出来ないほどかっこいいところ。ファンを大事にしてくれるところ。熱くて涙もろいところ。ついていきたいと思わせてくれるところ。あと横顔がすっごい綺麗でかっこよくて好き。語り出したら丸々使ってしまうほど全部好き。


担当になったきっかけ:核心的な動機は不純すきるので詳しく書きません(御察しを…)。元から好きだったけれど、担当になるきっかけの最初の最初は『なにわ侍ハロー東京!』。そこから目で追うし、頭の中は照史くんでいっぱい。当時の担当に対してはデビューした事でひと仕事終えて荷が降りた気分になっていたけれど、やはり存在が大きすぎるし同グループだしで踏み出せず……。悶々と冬と春を過ごしていたら、夏の舞台でまさかの担当が不在。そこで完全に落とされ、転げ落ちるように担降り…。そこからどんどん魅力を知って沼にはまって今やただのモンペ。

 

名前:石澤晴太郎

好きなところ:顔。笑顔。声。手。ダンス。リアルなものを感じさせない少し変わった雰囲気を纏っているところ。努力家で謙虚なところ。頭が良くて計算高いところ。滲み出る育ちの良さ。かまってちゃんのボケたがりなところ。情け深いところ。ファンを大事にしてくれるところ。お辞儀が丁寧なところ。やっぱり語り出したら止まらなくなってしまうほど全てが好き。

 

担当になったきっかけ:12年in大阪で顔が赤ちゃんなのに晴太郎という名前に(え、ギャップ…!)となって記憶に残る→13年ANOTHERのEDで目の前に降りてきたのが晴太郎。あまりにもキラキラしすぎてて目を奪われ完全にノックアウトされる→13年in大阪、ノックアウトされたのでとにかくバックにいると目で追う。BLUE ROSE、アジアの夜の表情が秀逸すぎて開いた口が塞がらない。絶対に大物になるとなぜか感じて応援しようと決める→その後「はれたろう、はれたろう」と騒ぎ出す(まいジャニ見て沸く、現場行って沸く、レポを落とす、雑誌に載れば買う、ってやってること最早担当と一緒)→15年少年たちで我慢出来ず掛け持ち決意。正式に担当になる宣言。

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

2002年のドラマ『リモート』の光一くんが本当にかっこよくて大好きで普通に恋してたのが最初の最初。KinKi Kids、嵐、KAT-TUNの番組とか少クラを良く見るようになって、雑誌も買うようになったし、結果、少クラと2006年の『探偵学園Q』がきっかけで山田担。

 

【担当遍歴】

山田涼介重岡大毅重岡大毅/菊池風磨/二宮和也重岡大毅桐山照史桐山照史/石澤晴太郎

 

元担多すぎ問題…そして割と昔から掛け持ちの傾向……(笑)今と大差ない…。

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

 ありすぎて困る。絞るとしたら「ふまけん」「かみしげ」「ばど」「せーとわ」「福福」。そして最近は「大吉コンビ」「よしはれコンビ」が急上昇。

 

【1番心に残ってる現場】

 どれも特別で心に残ってる。本当に選べない。

 

【初めて行った現場】

 関西ジャニーズJr.全国ツアー2013 福岡公演。やっと家族から了承を得られて行けた初めての現場で6年越しにやっっっと重岡くんと関西ジャニーズJr.を生で見れた。幕が開いた瞬間泣いた。あの感動と光景と熱は未だにハッキリ覚えてる。

 

【最近行った現場】

 ANOTHER〜!!!!円盤化して〜!!!!

 

【次行く現場】

 A.B.C-Z STAR LINE TRAVEL CONCERT 大阪公演

 

【記憶に残ってるファンサ】

 いただいたファンサは全部記憶に残ってるよ……忘れられないよ……

 

【好きな曲TOP3(理由もあればどうぞ!)】

1.愛のかたまり/KinKi Kids

KinKi Kids大好き芸人です…。曲自体や歌詞ももちろん好きだけど、何よりファンがこの曲に込めてる思いがすごく好きだし、ジャニーズタレントたちも特別にしている曲だから。


2. for now & forever/ジャニーズWEST

イントロからすごくワクワクする。「同じ思いを胸に、同じ場所へと共に」「同じ距離で輝いて、同じ夢を見て」と何度も出てくる「同じ」に自分たちファンと彼らをつい重ねてしまって、ずっとずっと同じ景色を彼らと共に見たいって思わせてくれた曲。


3.ロマンティック/関西ジャニーズJr.

「恋してるかい?」\もちろん君に/「恋してるかい」\あなただけに/「恋してるかい」\君がすべてさ/って直接自担に愛を投げ飛ばせる(言い方)し、本人たちはそれを耳に手を当てたりして聞こうとしてるし、そのC&Rが自分たちファンと彼らを一体化させてるようで、関西ジャニーズJr.とそのファンならではの絆があるようにも見えてすごく嬉しい。

 
【好きな振り付けTOP3(好きポイントも…!)】

 明るい曲とかのPOPなかわいい系の振付が好き。先日のin大阪でOPで歌ってたGUTS!も振り付けが可愛いから見ててたまらない。

かっこいい系の振り付けももちろん大好きだけど、特に照史くんや晴太郎も良くやる手をピロピロさせるやつ(語彙力)。あと照史くんが指をクイクイってすると死ぬ。

 

【自分がJrになれたらバックにつきたい曲(複数可)】

 Hello/菊池風磨

振りが可愛いし何より楽しそう!!振り返った風磨くんと目配せして笑い合いたい!!!!!(そこじゃない)

 

【1番好きなペンライト】

 もちろん全ツのペンライト。初めて手にしたペンライトだし、ずっと共にしてきて、いろんな景色を見ていろんな変わりゆく光景と時間を刻んできたからすごく大事。

 

【1番好きな衣装】

 7WESTのピンクのヒョウ柄ふわもこ衣装が好き。あとナポレオンジャケットに目がない。春松竹で晴太郎が赤と黒と両方着たときには嬉しすぎて「ひゃっ〜〜」って変な声出して沸いてた。

衣装が下に降りるジャニーズの伝統芸大好きな人。あ、〇〇くんが着てたやつだ…!ってなるのが楽しくて好き。その衣装が日の目を見なくなるよりも誰かの手に渡り続けてくれることが嬉しい。

 

【よく買う雑誌】

 載ったら買う。

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

 晴太郎に関しては言わずもがなin大阪2013でしょう。最近ではまいジャニのピン芸グランプリの回。

照史くんに関しては1発めぇぇぇぇぇぇぇ!の愛のかたまり。

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

趣味の域を超えてるけど、小さいときからずっと陸上やってたから陸上かな。

 

【最近気になっている子】

 いっぱいいる!!なぜならDDだから!!!でもやっぱ☆福福大吉いおとわせー☆はみんなまるっと愛おしいから目が足りてないけどついつい追っちゃう。

 

【最後に一言!】

 まとめる力なさすぎるのがよく分かった!(笑)けど楽しかったです!

 

 

ずっとずっと前へ

 


照史くんお誕生日おめでとう!!

 

27歳です!大人だ!アラサーだ!(ね、真鳥くん♪)

 


今年も照史くんのお誕生日を現場でお祝い出来なくて、一抹の寂しさを覚えつつも、テレビやラジオでその元気な姿を見せてもらえていてとても有難いです。多忙でちょっと心配だけど…。

 

 

今年も昨年に引き続き、26歳の照史くんを覚えてる範囲で振り返ることにします。

 

 

 2015.11.26~2016.04.02 連続テレビ小説 あさが来た 第52話~第155話 /2016.04.23 あさが来たスピンオフ 割れ鍋にとじ蓋 白岡榮三郎 役

まさか26歳1発目にこんな大きな仕事を持ってくるなんてさすが照史くん。大抜擢に喜び沸きました。こんな素敵なお仕事をこんなにも早く手に出来る照史くん本当にかっこいい。

ほぼ毎日、1日の始まりに、老若男女、そして『ジャニーズWEST桐山照史』であることを知らない人たちに朝ドラ俳優としての照史くんを知ってもらえ、また白岡榮三郎でいつづけた本当に有難い約半年の期間でした。視聴率も高くて老若男女に『榮ちゃん』『榮三郎』として知れ渡ったのはとても大きなことだと思います。

役柄も、優しく、時折愛おしくなるほど可愛らしく、幼さ残る性格でした。何といっても、奥さんが子を授かったと聞いたシーンで泣き出す姿は微笑ましく、榮三郎の素直さが良く表れていたなと思います。でも立派に跡継ぎとして務めあげる姿や親としての姿はかっこよく体格と同じくらい(怒られる)立派でした(益々結婚して欲しくなった…) 26歳の照史くんもNHKさんから愛されてました。感謝感激です。

 

\よっ!朝ドラ俳優/

\わては加野屋の8代目だす〜/

 

 

2015.12.31 第66回NHK紅白歌合戦

ジャニーズWESTとしてではないけれど、朝ドラのおかげで紅白初出演!何がきっかけになるか分からない。「3代目ですか?わては8代目だす〜」ってナイスボケを大晦日にしかも紅白でかまして、本人たちに苦笑いを返される姿が何とも照史くんらしく、それを笑ってみんなに報告する姿ものちのち見られて可愛かったです。朝ドラの主題歌「365日の紙飛行機」を踊る姿本っっ当幼稚園児かわいい好き(    )

 

 

2015.12.31 ジャニーズカウントダウンコンサート2015-2016 東京ドーム

紅白のあとはカウコン!今年は放送された…!15年の最後の最後までそして16年初っ端から働く照史くんかっこいい。メインとしているのが当たり前で、グループの団扇も出て、そこで自分たちの曲を歌わせて貰えてる景色がまだ新鮮で慣れなくて、そして嬉しかったです。 

 

2016.01.03~04ジャニーズWEST コンサートツアー 2016 ラッキィィィィィィィ7 大阪城ホール01.06~07 横浜アリーナ01.13~14 日本ガイシスポーツプラザ ガイシホール(名古屋)/01.17 広島グリーンアリーナ01.23~24 マリンメッセ福岡/03.20 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター03.24~25 大阪城ホール

04.02~03 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ

 

待ってましたツアー!!!!!これまでホールクラスだった所でもアリーナ規模で行われるようになって発表のときから嬉しさ溢れるツアーでした。

 

『会いたかった?』『俺らの方が会いたかった』と力強い挨拶から始まり、

『俺らを見て、少しでも頑張ろうって思ってくれたら嬉しい』『俺らはいつでも味方やから』『これからもいろんな景色を一緒に見ましょう』と優しく全体に問いかける挨拶で締める照史くん。

いつも本当に優しい目をしていて、でも言葉は力強くて、毎公演くれるその優しさと強さに何度も助けられました。

 

ちなみに、迷宮summerの『めきゅめきゅ』で殺された人は私だけじゃないはず……

 

 

2016.03.31~ 関ジャニ∞村上信五ジャニーズWEST桐山照史中間淳太のレコメン! 木曜パーソナリティ

横山くん→丸山くんと来てまさかの照史くんと淳太くんが就任。ファンもですが、1番驚いたのは当の2人なんじゃないかなと思います。様々な議論が飛び交いましたがエイトのファンの方々に改めて認識して貰える機会で、また先輩の村上くんとの共演で、また更にたくさんのことを学んで吸収して自分の強みに出来るんじゃないかと思います。

 


2016.04~ サーティワンアイスクリームCM「ポッピングシャワー☆パチキャンMAX」

ジャニーズWESTとして初のCM…!メンバーカラーのハッピ姿で「2倍♪2倍♪」何とも爽やか〜なCMにメンバー全員で出演出来て、何よりたくさんアイスが食べれて良かったね照史くん☆☆ちゃんとホッピングシャワーをおすすめセレクトに入れてくる照史くん流石です(私は食べれないけど、泣)

 

 

2016.04.07~ ヒルナンデス! 木曜レギュラー

朝ドラで朝の顔になったかと思ったら今度は昼!昼なんです!お姉さん!!!(黙)

今度は村上くんとバトンタッチ。レコメンに引き続き、またもプレッシャーが大きい。けれど大チャンスを掴んだ照史くん。新メンバーながらもロケには慣れていて(さすが人たらし…!笑)、弟キャラ、食いしん坊キャラ、いじられキャラ、と自らのキャラを早々から確立してあっという間に馴染んでしまった姿を見ていると、もうあっぱれとしか言えないし、これまでの経験を無駄にせず今に活かされているんだなあと思うとただただ尊敬します。

まだまだ横山くんを心配させてしまうけれど、淳太くんと一緒に成長してもっともっとレギュラーとして、タレント(アイドル)として、大きくなることが楽しみです。

 

 

2016.06.18~19 嵐のワクワク学校2016 毎日がもっと輝く5つの自由研究 京セラドーム大阪/2016.06.25~26 東京ドーム

まさかこんなにも早く嵐と同じステージに立つ姿をこの目で見られるなんて……。夢のような時間でした。

趣味の釣りもこうしたのか大野くんとコンビを組んで「鯛」についての自由研究!大野くんをサポートする姿、釣り堀でメンバーをサポートする姿、スタッフさんへの気遣いがこうした場であるからこそ見えて、『ああ照史くんのこういうところが変わらず好きだなあ』としみじみ感じられました。鯛茶漬けを作る時、手元が大画面に抜かれてニヤニヤしたのはここだけの秘密にしておきます(    )大阪では山中教授直々に選んでいただいて優勝出来て良かったね♡

二宮くんを中心に、嵐メンバーからの「ブス」いじりで(いや全然ブスじゃないから!!!!!大声)少しでも嵐ファンの方々の印象に残ったかな〜?

 


2016.07~ サーティワンアイスクリームCM「真夏の雪だるま大作戦」

2シーズン連続!有難い〜><アイスの被り物被ってダンス踊る姿可愛かったけどキャンペーンが今月末で終わってしまって寂しい……。老若男女テレビをつけていれば見てもらえる可能性の高いCMのお仕事。また頂くことができたらいいな…。

 

 

2016.07.17〜

HOPE〜期待ゼロの新入社員〜 人見将吾 役

来た〜!連ドラ来た〜!第1話からちゃんと登場してくる役は(連ドラでは)久しぶりなのでとても嬉しい…!何ならドラマのテーマの通り、問題に直面してしまう、言ってしまえばメインな役どころ。

キャラはこれまでのように一癖も二癖もあるかといえばそこまでキツくは無いですが、でもやっぱり普通ではないキャラの役柄で印象に残りやすい役。時々出てくる「照史くん」っぽいところもまた魅力的!まだまだ今後の展開も気になります。

 

 

その他26歳の1年間にあったお仕事及び発売されたものはこちら。※それ以前からのレギュラー番組も含んでいます(ドル誌、テレビ誌、歌番組などは除く)

 

【TV】

◎ドヨルシリーズ

ドヨルの妄想族

ドヨルの粉モンクエスト
ドヨルのご当地モンクエスト
ドヨルのエージェントWEST!

◎リトルトーキョーライフ

関ジャニ∞のジャニ勉

◎ザ少年倶楽部

◎正義のミカタ

 

【RADIO】

ジャニーズWESTの男前を目指せ!

ジャニーズWEST もぎたて関ジュース
◎bayじゃないか(bayfm

 

【DISCOGRAPHY】

◎2015.10.07発売 ジャニーズWEST 1stコンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ![DVD/BD] 
◎2015.12.09発売 ラッキィィィィィィィ7[ALBUM]
◎2016.04.20発売 逆転Winner[CD]

◎2016.04.22/06.24発売 連続テレビ小説 あさが来た 完全版[DVD/BD]

◎2016.05.18発売 ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ[DVD/BD]
◎2016.07.27発売 人生は素晴らしい[CD]

 

 

 

以上こんな感じでしょうか。

 

25歳は演技のお仕事が多かったように思いますが、26歳の1年は朝ドラや連ドラなど演技のお仕事に加え、お昼の時間帯のバラエティーのお仕事やCMなど、年齢層幅広く知れ渡るチャンスを掴むことの出来た1年だったように思います。素晴らしい大活躍大躍進でした。

 

いつも真っ直ぐで素直。貪欲さや仕事に対する情熱がどんどん次へ次へと繋がり、道を切り拓く照史くん。様々な悩みや不安を抱え葛藤しながらも表には出さないように努力している姿は本当に強くて、本当にかっこよくて、頼もしくて、大好きです。

 

きっとこれからもいろんな景色を見せてくれて、まだ知らない気持ちを教えてくれて、楽しませてくれるだろうと信じています。あの背中についていきたい。

 

「弱いところがある」かもしれない、「闇を抱えている」ように見えるかもしれない、けど誰だってきっとそう。悩むのは自分の弱さを受け入れているからだと思います。自分の弱さを受け入れることの出来る人ほど強い人はいません。照史くんは強い。いつだって。

 

 

 

 

26歳の1年も、照史くんが楽しくてたくさん笑って、健康で、美味しいものをたくさん食べれて、お仕事もたくさんな、1つでも新しいことにチャレンジできる、輝く年となりますように。

 

 


一番近くでいろんな景色を

これからも見せてください。

 

 

 

 

「何がしたい?」

 

 

『全部したい!!!!』

 

 

 

 

その思いのまま

ずっとずっと前へ。

 

 

2016.08.31

 

福福大吉いおとわせいがバイトをすることになったら

 

福福大吉いおとわせいの7人がもしもアルバイトをすることになったら……で妄想してみました(高校生が出来ないバイトも含まれていますが妄想ですのでそこはご愛敬)

 

 

福井宏志朗:カフェのバリスタ

 某有名チェーン店でもなく老舗でもなくお洒落なこじんまりとした隠れ家的カフェ。ちょっと古いビルの2階に店舗がある。白シャツに黒いスラックス、黒いエプロン。本格的な抽出器具を扱ってコーヒーを煎れてくれる。

これまでのお客は年齢層が高かったが、宏志朗が働き出してから徐々に若いお客(特に女性客)が増え始めてマスターは喜んでいる。カウンター席やカウンターがよく見える席に座りたがる女性客は大体宏志朗お目当て。

基本作る専門で接客はしないが、たまに会計を担当することがある。マスターとの会話でふと見せる笑顔がとてもキュート。カプチーノアートを密かに練習中。

 

福本大晴:居酒屋のホールスタッフ

チェーン店の居酒屋勤務。頭にタオルを良く巻いている。明るく笑顔で元気な接客をするため老若男女客層問わず一目ですぐに好かれる。特にサラリーマンやアラサー女性のグループから良く声をかけられる。

「兄ちゃん元気でええな〜!何時までや?終わってから一杯飲んで帰り!!!」『僕未成年なんっすよ〜』「えーー」「そうなんか〜」『すんません、成人したら大人の飲み方教えてください(スマイル)』って会話を1日に5回はする。

基本お酒は作らず(一応未成年だから)つまみや料理を運ぶ専門。ちなみにお店の食事メニューは賄いで制覇済みのためお客さんが迷っていると自分のおすすめをすぐ提案できる。お会計は普通にできるがお札を素早く数えるのが苦手。暇な時は基本裏で店長に1発ギャグを披露してる。

 

大谷怜爾:個別指導塾のアルバイト講師

家の近所で自分も通っていた個別指導塾。基本学校帰りのため制服姿。担当は小学5年生〜中学2年生までの理系科目と英語。

塾長がプリント等を用意するため基本生徒の質問に答えるだけだが、熱心なため、分からなかったところや弱点は次の回までに別にまとめてきてくれたりする。教え方も分かりやすく、塾長からも信頼されている。

生徒が問題を解いてる間に自分の課題をすることもある。「うわあ、怜爾先生の宿題難しそうやなあ」『見たことない言葉ばっかりやろ〜』「高校生すごいなあ」『せやろ〜だから今のうちに頑張ろうなあ』と生徒と話す時は語尾が柔らかくなる。

担当じゃない女の子たちからも憧れの存在。基本は火、木、金の固定。土曜日もシフトに入ることがあるが忘れがちのため、塾長が前の日にきちんと伝え、当日の朝も電話をしてきてくれる。

 

吉岡廉:楽器店

ショッピングセンター内にある大型楽器店。Tシャツに黒のスキニーかジーパン、紺色のエプロン。ベースやギターのコーナー担当。とにかく楽器に触れることが好きで良く磨いているが、たまに楽しくなりすぎてるのか自然と鼻唄を歌っている姿がとても可愛い。最近はチューニングも任されるようになり更に触れる機会が増えて喜んでいる。たまに高価なベースやギターの試し弾きをさせてもらえる。見に来た人、修理に来た人、どんなお客さんでも、ベースやギターを弾いてる人とは話が盛り上がる。

バイト後は附属のスタジオを借りて練習してから帰ることが多い。店長が元バンドマンでベースだったため、たまに教えてもらえるしセッションすることもある。バイト代を貯めて買おうと決めているベースがあるがなかなか目標金額に届かないのが悩み。スタバに寄ってから帰路に着くのがルーティーン。

 

吉野伊織:ダイニングレストランのホールスタッフ

駅ビルのレストラン街にあるお店のうちの1つ。窓からの展望が良く、夜景が綺麗なお洒落なダイニングレストラン(少しお値段高め)。白シャツに黒いスキニー、腰巻の黒いエプロン。お洒落がOKなお店のため第二ボタンまで開けたシャツの首元からシンプルなシルバーネックレスが見える。

スタッフ全員にとって癒しの存在。声が優しく喋り方が可愛いため「伊織くんの声聞くと落ち着くわ〜」と男女問わず言われる。返しは「へへへ〜」。笑顔と声の可愛いイケメンスタッフがいると噂が少しずつ広まっている(が本人はもちろん知らない)。やることがなくなるとついボーーっとしてしまいがち。アレコレたわいもないことを考えているが「伊織くん口開いてるで」と1日3回は言われる。

お冷を注いで回る役目が好き。料理名がカタカナばかりで入りたての頃は苦戦した。今は完璧。おすすめのワインを紹介出来るよう勉強中『飲めへんから特徴を覚えるしかないねん』ワインを注ぐのは上手く、その姿は様になっているが実際にお客さんに注いだことはまだない。女性客へのエスコートがスマートで上手くとてもGAP。

夜帯のシフトだと賄いを食べずに帰ることが多い『ママが用意してるから』

 

毛利柊和:ガソリンスタンド

大通りに面したセルフのガソリンスタンド。制服着用。通勤はもちろんロードバイク。基本平日のシフトが多い。はつらつと元気でしっかり白い歯を見せて笑う姿がキュート。セルフだが、慣れていなさそう人にはとりあえず一言声をかけたり、おじいちゃんおばあちゃんドライバーの代わりに操作してガソリンを入れてあげるなどとても親切。窓もとても丁寧に拭いてくれる。

自転車いじりが得意で、以前、チェーンが外れた自転車を押して歩く中学生をバイト中に見かけ、声をかけ修理してあげたことがある。それを店長に見初められて、スタンド独自に自転車の簡単な修理も承るようになった(基本柊和が担当)。

歳の近いバイト仲間たちと仲良しで、次の休みに近くの公園で花火をする約束をしている。持ち前のはつらつとした接客で、会員カードの勧誘強化月間ではいつもダントツ1位だが、掃除は苦手。運転免許取得のためにバイト代を頑張って貯めている。

 

石澤晴太郎:レンタルビデオ店

自宅の最寄りから三駅隣の某レンタルビデオ店勤務。制服着用。洋画が好きで、モップ掛けしながら洋画コーナーの前を通ると、次どれを観るか探す。が、たまに店長に見つかって叱られる「せ、い、た、ろ、〜」『や、ちゃんと拭いてますってぇ〜〜』。自分の好きな映画やドラマを借りる人にはつい声をかけてしまう『これ面白いですよね。僕も好きなんですよ〜』反応良く思いがけなく会話が弾むと嬉しくなる。

新しい商品の陳列作業や棚替えが好き。見たかった映画やドラマのDVDが入荷されると分かりやすくテンションが上がる姿が何とも愛らしい。元々18禁コーナーには興味が無かったが、18歳ではないためバイト中でも入れてもらえないので、逆に興味が沸いてしまっている。

レジでの会計や袋に商品を詰める作業などを淡々とこなす姿がかっこいい。ついつい横顔に見とれるのでご注意を。ちなみにケースから取り出してDiscにキズがないかチェックするときの指がエロい。

休みの前日のバイト後は必ず1本借りて帰る。店長も洋画好きなため話が合う。店長のオススメを借りて帰ることも良くある。最近の悩みは『借りたいDVDがなかなか返って来ないから借りられないこと』と『借りたいDVDがなかなか旧作にならないこと』。

 

 

 

それぞれの職種について全然詳しくもなく、あくまでもイメージで書いたので所々おかしいと思われる点があるかもしれませんが多めに見てください〜。 

 

以上、

福福大吉いおとわせいがバイトをすることになったら……でした!終わり!

 

 

アイドル5年生の晴ちゃん


が今日からスタートしました。


5年生と言えば『来年は最上級生になるから6年生を見習いましょうね』『下級生のお手本となりましょうね』『小さい子には優しく接してあげましょうね』とか言われる学年じゃなかったですか?(知らんけど)

私の地元は登校班ってあって、毎朝近所の子供たち(少なくとも5人以上)が1列になって学校まで登校してたんですけど、6年生が班長で先頭に立つんで、5年生は副班長として1番後ろに立つんです。真ん中は小さい子たち(これって都会もあるのかな…まさか田舎だけか…?)


まあ、そんな感じで(どんな感じで)もうすっかりそんな日常にも場の雰囲気や空気感にも慣れたし、自分の判断で行動するようにもなったし、上を見習い、引っ張られ、下を見守り優しくし、時には教える立場にもなったし、右も左も分からないなんてことも無くなった5年生に、晴太郎くんは進級したんですね、おめでとう。(まじ何の話)


4年前、初のステージで顔がひきつって上手く笑えなかったことを苦い思い出だと語る晴太郎くん。

そうかな?とずっと思っていたけど思い返せばin大阪初登場('12)の時もニコニコ笑顔とは程遠い……(笑)緊張かな〜かわいいね。

f:id:t831_s1004:20160714164138j:image
(あかちゃん……かわいい……)


けれど1年後のANOTHERで目にした晴ちゃんは、とっても素敵な笑顔でしたし、in大阪('13)でも笑顔だけじゃなくて、その表情の秀逸さに度肝を抜かれました。わずか1年、されど1年。

f:id:t831_s1004:20160714165411j:image
伝説の(?)blue rose


そんな顔がひきつって笑えなかった晴ちゃんは、瞬く間に成長して、今じゃご存知の通りコンサート中は真顔芸(笑)のとき以外ずっーーっとニコニコしています。そりゃもう見ているこっちまで笑顔になっちゃうくらい。そんな苦い思い出があるなんて微塵も感じないくらい。


4年の間に『誰にも負けないことは笑顔!いちばん元気に笑ってる自信がある』『石澤晴太郎です!ぼくの笑顔、覚えて下さい!』と、笑顔に対し自信を持っているように感じます。


それは『アイドルだから』という義務感以上に『辛いときこそsmile☺』という御両親からの教えによって、”笑顔でいることの力”を実感していることや、晴太郎くん自身がいつもどんな時も全力で楽しんでいる故かなと思います。



辛いときこそsmile☺!

どんな時も素敵な笑顔をありがとう!



f:id:t831_s1004:20160714234707j:image



 
-好きな言葉は?
晴太郎『笑う門には福来たる』



5年目の1年も晴太郎くんが素敵な笑顔で毎日楽しく過ごすことが出来ますように。

活動の幅が広がりますように。

羽ばたけ、晴ちゃん。



2016.07.14 おめでとう

ずっとLOVE組ってこんな子です~石澤晴太郎の巻~




※今回の内容は2016年3月発売のJohnny's Jr.カレンダー2016.04.01-2017.03.31付録Johnny's Jr. DATA BOOK及び七色の誕生日占い【http://365x7.net】を参考にしています。



こんにちはー!

『ずっとLOVE組』ってこんな子です!をテーマに、福福いおとわせいの5人を順番に紹介します!

と言っても、自分が5人の最新データを覚えるために記録しておきたかっただけの自己満足です()

データブックの内容は公式のものなので信用してもらっても大丈夫ですが、後半は占い(当たると最近流行ってるやつ)などを元にしているだけなので、あくまでも参考程度に…!



-『ずっとLOVE組』とは?


福井宏志朗くん、福本大晴くん、吉野伊織くん、毛利柊和くん、石澤晴太郎くんの5人。

2015年夏、大阪松竹座にて行われた『少年たち』でのショータイムの際に、5人がA.B.C-Zの『ずっとLOVE』を歌ったことから5人の括りを『ずっとLOVE組』と呼ぶ人が増えました。


この記事でも5人を一括りで呼ぶ時は『ずっとLOVE組』と表記するので、そうやって呼んでない!、『福福いおとわせい』派です!、の皆様ご了承ください……。


と、ここまでは前回までと同じ。
(前回からかなり日数が空いてしまいすみません)

第5回の今回がラスト!
石澤晴太郎くんです!

(心の声:キャーーー遂に自担!)


石澤晴太郎(15) 高校1年生

ニックネーム:はれたろー、せいちゃん、ざわ


ご両親から「たろっちゃん」って呼ばれてる!という可愛いニックネームのお話も過去にはありました♡♡


f:id:t831_s1004:20160509150128j:image

f:id:t831_s1004:20160523185930j:image


2000年10月4日生まれ \天使の日/
てんびん座 A型 大阪府出身
165cm 50kg 靴25.5cm


【ペット】猫ののぞみ

【長所】なんだかんだでやさしい
【短所】人の話をきいていないときがある
【チャームポイント】まつげ
「おばあちゃんとお母さんも長いんよ」

【趣味】映画鑑賞
「週に1本は必ず見る!洋画のアクションものが大好き」(気に入ったものを何回も見るのが好きらしい)
【特技】ダンス、サッカー
【マイブーム】
柔軟、湯船の中で冷凍みかんを食べる
「お風呂+冷凍みかんの組み合わせは最強!長風呂もできるから試してみてほしい」


【入所日】2012年7月14日
【応募したきっかけ】 
お母さんが知らないうちに履歴書を送っていた
【初ステージ】
『Johnny's Dome Theatre〜SUMMARY2012〜 Sexy Zone』の『SUMMARY』
「顔がひきつってるのが自分でもわかるくらい笑えなかった苦い思い出がある」

【憧れの先輩】桐山照史くん、林真鳥くん
「照史くんのリーダーシップはほんまに見習いたいし、真鳥くんはダンスの目標!」
【仲のいいJr.】
吉野伊織、毛利柊和、福井宏志朗、福本大晴
「ほんま飽きるほどいっしょに遊んでる。遊園地とか行ったりもするよ」
【ライバルのJr.】吉野伊織、毛利柊和

【思い出のジャニーズソング】キミのため ボクがいる/Sexy Zone
【カラオケの十八番】愛、テキサス/山下智久
「自分は声が低いけど、この曲やったら裏声とか使わなくても歌いやすいねん」

【Jr.に入って、嬉しかったこと】舞台に立てたこと
「ファンの人がボクのことを見ててくれることが、ワクワクして気持ちいいから」
【これだけは負けない!】笑顔
「いちばん元気に笑ってる自信ある」

【スポーツ歴と得意なスポーツ】
サッカー(小1~5)、バスケットボール(中1)
「サッカーはクラブチームに入っていて、ポジションはトップ下でエースでキャプテン。すごくない!?」

【好きな言葉】笑う門には福来たる
【好きな色】オレンジ
「気がついたらオレンジ色のものばっかり買ってたり、やわらかい印象が好き」
【宝物】家族、友だち

【初恋はいつ?】6才
【あこがれのデートプラン】遊園地
「おばけ屋敷はマストでいきたい!多分自分も怖がるやろうけど(笑)」
【好きな女のコのタイプ】明るくておもしろいコ
「あとは目がクリクリとしてるコがタイプ」

【将来の夢】歌って踊れる医者!(笑)
「アイドルドクターって、よくない!?」

【2017年3月までの目標】ダンスのトリプルターン
「2回転は完ペキやのに、3回転になると成功率は10回に1回やから」

【MESSAGE】
石澤晴太郎です!
ぼくの笑顔、覚えて下さい!!


10月4日生まれの晴太郎くん。
誕生日カラーは『青』

10月4日生まれの人は

『勤勉家でクリエイティブな才能の持ち主』

時代の先端を行く独創的なセンスと、それを形にするための努力を惜しまない勤勉さを持ち合わせ、自分の才能を生かした活動を楽しめるタイプです。
流行に敏感で、常に四方にアンテナを張り巡らせては、捉えたイメージや湧き出るアイデアを、自分のインスピレーションへとつなげています。
また、自分にとって楽しいことと、人を楽しませることがうまくかみ合っているため、人の輪の中心となって活動することも多いでしょう。
恋愛面では、憧れを感じている人は大勢いるはず。しかし、高嶺の花として遠巻きに見られることが多く、実際にアプローチしてくる人は少なめです。
また、発想やセンスの独創性から、派手な性格だと思われがちですが、人間関係に対しても真面目な考えを持っています。そのため、気楽な付き合いを求めることはなく、互いの感性がピッタリと会う相手を地道に探す傾向にあるようです。


5人の中で唯一1人っ子の晴太郎くん。
その特徴は、

A型1人っ子男子の特徴
  • とことんマイペースで自分の世界観がある
  • 平和主義で協調性がある
  • とても真面目でストレスを溜めやすい
  • 悩みは全て自己完結しようとする
  • 一度決めたことはなかなか曲げない

A型1人っ子男子の恋愛的特徴
  • じっくり考えて行動するタイプのため恋愛に発展するまでに時間がかかる
  • 一度恋愛を始めると一途で愛情深い


誕生日から見た晴太郎くんは、生まれながらにクリエティブな才能を持っているようです。そして同時に勤勉家の一面も。(頭が良いのもセンスがあるのも納得ですね)

雑誌のトークや番組での発言からも、数多く、ダンスやアクロバットといった、自分のパフォーマンスに対する晴太郎くんの努力家(勤勉家)な一面が窺えます。

照史「何をしている時が一番楽しいですか?」晴太郎「ダンスです!」重岡「わ〜ジャニーズに入るべくして生まれた子やね!」照史「最後に一言!」晴太郎「ダンスいっぱい見てください!」(少クラin大阪2012 関ジュニ通信)
[自己アピールを!]もっとダンスを踊れるようになって、いつかマイクを持って歌えるように頑張りたい!(POTATO 2014年4月号)
今、練習中のロンバク(ロンダートからのバック転)をステージで見せたいです!(Myojo データカード 2014年10月号)
1曲、みんなで激しいダンスをする予定やんな。あの曲はみんなでそろえないと、間違えたら目立つもんな(POTATO 2015年5月号)
みんな身長が大きくなったから、チビッコのしゃかりきダンスとは違ってキレイに見せないとね(POTATO 2015年5月号)
僕らの大人になったダンスを見てください!(POTATO 2015年5月号)
優馬くんみたいにダンスとかめっちゃ上手くなりたいんですけど、何か秘けつとか努力してることがあれば教えてください(まいど!ジャーニー 2015年4月10日放送)
エスカレーター。受験なくても勉強頑張らなアカンし、時間をうまく使ってダンスも習いたいと思ってるねん(POTATO 2015年6月号)
ダンスがうまくなってるって手紙もらって、もっと頑張ろうって思えた(POTATO 2015年6月号)
長尾「キレイといえば、石澤くんのダンスがすごいキレイです。リハ中とか見ててうまいな〜と思ってます」伊織「ターンがいいよね」恭平「体も柔らかいし」石澤「いやまだまだやで。先輩のダンス見てたら、もっと頑張らないとっていつも思ってるもん」(POTATO 2016年2月号)
WESTさんは見習うところがいっぱいやしな。松竹座で『台風n Dreamer』やったとき舞台袖からずーっと演技見てた(POTATO 2016年2月号)
自分のことをスターと思わなアカンのやろな。自信とか。オレらもそうなれるように頑張らないと!(POTATO 2016年2月号)
年上組の公演(2015年クリパ)を見に行ったけど、ホンマにすごくて。構成がよくて思う、お客さんの楽しませ方もうまかったね(POTATO 2016年3月号)
春の松竹座はダンスをレベルアップしたい!(POTATO 2016年4月号)
今、注目しているものは真鳥くんに教えてもらったダンスチームですね!動画を見せてもらって感動ですよ、スゴすぎて!構成もアクロバットもダンスも、全部のスキルが高すぎ。それからは、自分でも映像とか詳しく調べてマネしたりしてます。(Wink up 2016年4月号)
ボクらは全員がアクロバットできるわけじゃないんで、技はマネできないけど、構成を取り入れることはやってみたいねんな。構成はがんばって練習したらできると思うから(Wink up 2016年4月号)
側宙ができるようになった。前からできそうな雰囲気は感じ取ってて、1回アクロバット教室で教わったのを学校の体育の時間にやってみたらできた。だんだん完成度が上がってます!(POTATO 2016年5月号)
春の松竹座公演ではじめてアクロバットを披露できた。1年前から練習してたけど、舞台上はマットもなくて怖かった。でも、シンメの柊和と向かい合って安心できた(POTATO 2016年6月号)


決して才能だけに頼らず、謙虚に努力することを怠らない晴太郎くん。その姿勢も、ダンスが好きなところも、入所当時からずっと変わっていません。



公演の度にダンスのスキルに磨きがかかり、見せ方や表情の成長も顕著です。

またその度に『ダンスが上手い』『1度視界に入れてしまうと目が離せない!』といった声が挙がりますし、ダンスが上手いJr.ランキングでもランクインするなど、その位置を確実なものとしています。


それは全て努力故の結果なんですね(かっこいい)





晴太郎くんのダンスは人の目を引きつけます。




バラードなどゆったりした曲調では、しなやかで丁寧な指先までこだわった繊細な動き。でも決して流したりせず、きちんと強弱もあり、曲の歌詞に想いが乗せられているような、まさに歌っているようなダンスだといつも思わされます。


そして激しめなダンスナンバーでも、もちろんそのスキルを遺憾無く発揮。中性的なしなやかさを見せるバラード曲から一変、男らしく力強い動きで、決して手を抜くことも無くガツガツと踊り、かと言って疲れも感じられません(キツそうに見えない)。


そんな、年上のお兄ちゃんたちにも引けを取らない圧巻のダンスに、狩られることは間違いありません。


また可愛く、盛り上がる曲でも、もちろんまた違った一面を見せてくれる晴太郎くん。

笑顔で元気いっぱいシャカリキに。
誰よりも高く高くジャンプ!!
誰よりも腰は低く!!(手だって床についちゃうよ!)
誰よりも高くハイキック!!
誰よりも激しくヘドバン!!
エアギターだってエアバイクだって繰り出しちゃう!!


もぉ〜ただの天使だから〜!!!(泣)

急に可愛さしかなくなるから!!(泣)





伝える側に語彙力が無さ過ぎて心苦しいですが、
ここはもう、

見てください!!(笑)


百聞は一見に如かずですから!!!



\晴太郎くんのダンスにご注目ください!/



でも1度視界に入れてしまうと目が離せないのでくれぐれもお気をつけください♡(笑)



自分のダンスが褒められても、『まだまだだよ』と口にする晴太郎くん。

晴太郎くんのパフォーマンスに対する強い求道心が、もっともっと晴太郎くん自身を高みに連れて行ってくれると、期待に胸が膨らみます。


ちなみに、他4人の晴太郎の好きなところについて(POTATO2016年5月号)

宏志朗:ダンスがうまいところ。大晴:振り覚えがいい。伊織:記憶力がいい
と仲間内からも定評があるようです。嬉しいですね。



良いところはダンスだけじゃない(!?)
伊織:元気がいい。柊和:何かと気にかけてくれる。
伊織「松竹座で、お弁当3人分、僕らの分まで持ってきてくれたり」晴太郎『「取ってこい」って言うから、持ってきただけやんか』宏志朗「パシリをイヤがらない(笑)」
パシられる晴ちゃん……。

本人もなんだかんだ優しいところが長所だと言っていますが、本当に(なんだかんだ)優しい子なんだろうなあと思います。





そして魅力はダンスだけじゃない…!





彼は

\新世代ギャガー!!!/


大晴と肩を並べるほど(?)のギャガーのなのです。


f:id:t831_s1004:20160524061338j:image

f:id:t831_s1004:20160524061345j:image
※まいど!ジャーニー 2014年5月25日放送

テレビ初披露の一発ギャグ

は、は、は、はっくちょー!!!




まだまだあるよ!(厳選)



タマゴはエッグ、えっっぐいほど美味しいよ!!

(2014年春松竹より。これはギャグではないけど、ただただ筆者が好きなので載せました♡)




僕たけのこ。ペリペリペリ、ペリペリペリ……ペ〜リ……いやん(イケボ)

(きのこたけのこ戦争から生まれたギャグの1つ。コンサート中でも密かに、いやんポーズはやってます。低過ぎる声がたまりません\ココ重要/)




あ!こんなところにたけのこが!よーし、この斧で切るぞ〜!ブシュ、オ〜ノォ⤴

(最強。後世に語り継ぎたい伝説のギャグ。同じくきのこたけのこ戦争から。オ〜ノォ⤴ポーズがシュールすぎてツボにハマります。西畑先生のお墨付きです)




\漫才だって出来ちゃう/


f:id:t831_s1004:20160524112526j:image

f:id:t831_s1004:20160524112544j:image
※まいど!ジャーニー 2016年5月22日放送



2015年クリパのコント(きのこたけのこ戦争)、2016年春松竹での漫才(下剋上漫才コーナー)などを経て、先日はまいジャニの特技コーナーでも(しっかりぴったり30秒!)。
もうすっかりお馴染みになりました。


晴太郎くんは基本ボケ。あの大晴くんをツッコミに回してしまうほどのボケのセンスの持ち主です。

クリパのきのこたけのこ戦争では、千秋楽にそれまでのギャグを全部盛り込んだり、

春松竹の下剋上漫才コーナーでは他のJr.が袖に捌けたあとでも、1人舞台上に残って龍太くんに絡みに行く(とにかくボケたい)など、

滑ろうがなんだろうがお構い無し。とにかくボケ倒すのが晴太郎くん流!なのです!
(ツッコミの方々本当にご苦労様です…笑 特に龍太くん、お疲れ様です。笑)


おかげで松竹座でも、大きな会場でも、すぐ見つけやすいのが晴太郎くんの特徴です。変な動きの子がいたら、その子、大体、石澤晴太郎ですよ。



一発ギャグや漫才など、ぐいぐい前に出ようとする姿勢や、メインだろうがバックだろうが良い意味で自分を目立たせる姿勢は、確実に爪跡を残し、次に繋がっています。しかしただ目立つだけではなく、もちろんスキルもあります。


それは晴太郎くん自身が、自分の才能(得意なこと)や好きなこと(やりたいこと)をJrの活動に活かし、ステップアップするため、努力したからこそだと思います。


私たちファンの知らない、見えないところで、多くの努力や葛藤、失敗を重ね、時には喜んだり悲しんだり、いろんな思いを抱えながらステージに立っていても、

私たちには一切感じさせず、いつも最初から最後までずっと笑顔で、一生懸命で、自分の立っている、今、この空間を全力で楽しんでいて、晴太郎くんを見ているだけで暖かく幸せな気持ちになれます(心臓バックバクだけど)。


Jr.に入って良かったことは、
ステージに立てたこと。

『ファンの人がボクのことを見ててくれることが、ワクワクして気持ちいいから』



そう語る晴太郎くんのパフォーマンスからも




『ボクを見て、ワクワクさせてあげるから!』



こう感じませんか?





まだまだ上を目指して、決して努力を怠らない晴太郎くんの成長を、今後も見守っていきたいです。


たくさん活躍できますように。

ワクワクさせてね!晴太郎!



以上!『ずっとLOVE組』ってこんな子です!

第5回(ラスト!)は石澤晴太郎くんでした。



ところで、
晴太郎くんの誕生日カラーは『青』

青の人は
基本的に冷静な判断力を持っていて、全体像を把握してから行動に移す慎重さを持っています。恋愛でも仕事でも人付き合いでもその傾向は顕著なので、相手からすればなかなか心を開いてくれない、本心を聞かせてもらえないといったもどかしさも感じてしまうようです。

宏志朗くんの誕生日カラーも『青』です。宏志朗くんの回では書きませんでしたが、実は『青』の人には更にこのような特徴があります。

誕生日カラーが青の人は、激情と冷静、熱血と沈着といった、イケイケなタイプの誕生日カラーの人とのコンビが非常によくマッチしています。

5人の中で、『激情』や『熱血』といった言葉の合うイケイケなタイプの誕生日カラーなのが大晴くん(赤)と柊和くん(黄)。

『福(青)福(赤)』『はれ(青)とわ(黄)』とお互い信頼しあったシンメ的関係になるのは必然なところあるようです。


そして伊織くん(紫)。

紫の人は人を寄せつけ、周りの人を率いていく力があります。実際に5人の中でも(特にはれとわは強火吉野担)伊織くんはかわいい癒しの存在。

伊織くんの記事でも書いたように、大らかでどんな場にも溶け込め、更に『周りを良く見てる』『1人だと寄ってきてくれる』伊織くんは、4人を調和してくれる必要不可欠な存在なのだと思います。

しかし、ただまとめるだけではありません。

誕生日カラーが紫色の人の周囲には、足りないところを補ってくれる人材が自然と集まってきます。

とあるように伊織くんにとっても4人は必要な存在。ずっとLOVE組の5人はすごくバランスの良い5人なのですね。


偶然というか必然というか……(めそめそ)




宏志朗くんから始まり『ずっとLOVE組』ってこんな子です!と5人についてのブログを書きましたがいかがでしたでしょうか…。

出来るだけ客観的に書きたかったのですが、結局書きたいことをツラツラと(ほぼ感情論で)書くだけのものになってしまいました(特に今回の晴太郎くんについてはもう酷い…)


が!!
私自身が改めて5人の魅力を再確認、再発見できたのでオールオッケーです◎(自己満)



今、この記事を読んでくださってる方も5人全員分を読んでくださった方も本当にありがとうございました♡




おしまい!